居心地のいいグリーン空間の作り方|グリーンモード.jp

フェイクグリーンを使ったグリーン空間の作り方

フェイクグリーンを使ったグリーン空間の作り方

飾る場所を決めて、フェイクグリーンを選ぶだけ!

居心地のいいグリーン空間を作るには、グリーンを目立つ場所に置いたり、所どころに配置したりして、空間全体にグリーンが自然と視界に入るようにコーディネートする必要があります。グリーンモードでは、様々なシーンをコーディネートできるよう、フェイクグリーンを豊富に取り揃えています。
いざ具体的に検討し始めると、どこにどんなものを飾ればいいか分からないという方が多くいらっしゃいます。
実際には、飾る場所が決まると具体的にフェイクグリーンのイメージがしやすく、必然的にサイズや数量がある程度絞り込まれます。
ここでは、グリーンモードを使って快適なグリーン空間を作る上で、押さえておくべき3つのポイントをご紹介いたします。
フェイクグリーンを使ったオフィス

グリーン効果で癒しやストレス緩和が期待できます

植物が目に入る環境では、アルファ波が増幅されることでリラックス状態にさせてくれます。グリーンのある部屋では、生理的・心理的なストレスが軽減されることが確認されています。フェイクグリーンを使うことでデザイン幅が広がり、デザイン性の高いグリーン空間が作れます。

グリーン空間を作る3つのポイント

1⃣グリーンで空間の見せ場を作りましょう

一番飾りたいところをフォーカルポイントとして見せ場にすることで、グリーンの存在感が空間を魅力的に見せてくれます。見せ場(フォーカルポイント)を作るには、 設置場所とフェイクグリーンの選定が重要です。
フェイクグリーンのフォーカルポイント

■ 設置場所は、「目立つ場所」や「空間の中心」、「広い壁」などの視界に入りやすい場所が最適です。
■ フェイクグリーンは、「壁面緑化」や「人工樹木」など、印象の強いスタイルを選ぶと目を引きおすすめです。また、一ヵ所に「複数展示」したり、パネルの「ランダム展示」など、展示の工夫で見せ場を作るのも効果的です。

2⃣空間全体にバランス良く グリーンを配置しましょう

グリーンが自然と視界に入る空間を作るには、空間全体にグリーンをバランスよく配置する必要があります。空きスペースの活用や、フォーカルポイントを中心に整えていくと、バランスのいい配置ができます。
フェイクグリーンをバランスよく配置
■ 壁面、フロア、テーブル上の「空きスペースをグリーンで埋める」要領で配置していきます。  
  一般的に緑視率10~15%の空間が居心地いい快適空間と言われています。
■「スタイルの違うアイテムを散りばめる」ことで、バランスを取りながらセンスのいい空間が作れます。 壁面緑化をフォーカルポイントにした場合は、フロアに人工樹木、テーブルに卓上ポットを配置して、緑視率を確保しながらバランスを整えましょう。

3⃣フェイクグリーンを選びコーディネートしましょう

飾る場所やグリーンのイメージが固まったら、空間の雰囲気や好みに合わせて グリーンをコーディネートしていきます。商品の選定は、シーン別コーディネートプランを参考にしたり、おすすめガイドや商品カタログより選んで決めます。
フェイクグリーンをコーディネイト
■ コーディネートの参考には、おすすめ演出をまとめた「シーン別コーディネートプラン」をご覧ください。 ベーシックやスタイリッシュなど、イメージを膨らませながら検討できます。
■ 設置場所に合わせたグリーン演出の検討には、「おすすめガイドの演出スタイル集」が便利に使えます。飾るグリーンのイメージは「グリーンモードカタログvol.3」より商品をお選びください。資料は当社HPよりご覧いただくか、FAXまたはメールにてご請求ください。
ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。
ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。
受付時間:09:00~17:30 (定休:土日祝)

シーン別コーディネートプラン

エントランス

印象に残るグリーン演出でおもてなしの 空間作り
企業の顔であるエントランスは、第一印象を決める重要な場所です。会社イメージの向上やリクルーティングのために、清潔でクリーンなイメージのあるグリーン装飾でのトータルコーディネートがおすすめです。
エントランス フェイクグリーン
1⃣見せ場作りのポイント
視界に入りやすいカウンター裏の壁面にインパクトある「壁面緑化」を設置することで、 フォーカルポイントとして空間の魅力がグッと上がります。
2⃣バランスの取り方
フォーカルポイントの壁面緑化との相乗効果を狙い存在 感のある「人工樹木」を設置。より印象に残る演出ができ ます。ソファ周りは配置しやすく、違和感なく収まります。
3⃣コーディネートポイント
グリーンの自然な魅力をそのまま生かしたスタイルでコーディネート。

休憩スペース

樹木で囲まれた癒しの空間づくり
企業の顔であるエントランスは、第一印象を決める重要な場所です。会社イメージの向上やリクルーティングのために、清潔でクリーンなイメージのあるグリーン装飾でのトータルコーディネートがおすすめです。
休憩スペース フェイクグリーン
1⃣見せ場作りのポイント
「人工樹木」をソファと組み合わせて配置することで、リラックス演出だけで なく、休憩スペースが空間全体のフォーカルポイントとなり、施設全体の魅力を上げることができます。
2⃣バランスの取り方
樹木以外のスタイルを空きスペースに配置。区画作りに 「パーテーション」、壁面に「パネル装飾」で、休憩スペース全体がグリーンに包まれる様に演出。
3⃣コーディネートポイント
樹木を中心にグリーンの自然な魅力をそのまま生かしたスタイルでコーディネート。

オフィスのワークスペース

緑に囲まれたフリーアドレスのオープン オフィス
働き方の変化やソーシャルディスタンスの観点から、ワークスペースの空間作りにも変化が求められています。 開放的で緑視率の高い空間はストレスを軽減し、業務に集中できることで生産性の向上が期待できます。
ワークスペース フェイクグリーン
1⃣見せ場作りのポイント
オープンオフィスの象徴として「人工樹木」を設置。開放的で自由な印象を 与えるシンボルツリーとしての役割を持たせました。
2⃣バランスの取り方
間延びしがちな大きな壁面に、等間隔で「グリーンパネル」を設置することで、 調和の取れた落ち着いた空間を演出することができます。
3⃣コーディネートポイント
開放的で自由な空間を保ちつつ、都会的で洗練されたイメージのグリーンをコーディネート。

オフィスのリフレッシュルーム

リラックスして コミュニケーションが図れる空間作り
職場環境の変化でリフレッシュルームを設ける会社が増えてきています。 気分転換できる空間作りが重要で、リラックス効果のあるグリーンの必要性が高まっています。
リフレッシュスペース フェイクグリーン
1⃣見せ場作りのポイント
一番目立つ壁面に大画面の「壁面緑化」を設置することで、癒し・憩いの空間を強く印象付けることができます。
2⃣バランスの取り方
空間の中央に立体的な「人工樹木」を設置することで どこからでも緑が目に入り、緑視率を高めることができます。
3⃣コーディネートポイント
癒しや安らぎを感じさせるグリーンと木目什器を中心にコーディネート。

店舗

空きスペースにグリーンを配置して居心地のいい空間作り
什器や販促備品が多く置かれた接客空間では、空いているスペースにさりげなく設置できるアイテムが重宝します。 空間全体にバランスよく配置して緑視率を高めることで、居心地のいい空間が作れます。
お店 フェイクグリーン

1⃣見せ場作りのポイント
しだれグリーンは一見インパクトに欠けるが、ライン状に連接設置することで店舗全体を印象良く目立たせる効果があります。
2⃣バランスの取り方
実用性の観点から「パーテーション」の位置を決めたあと、手軽に設置できる 「人工樹木」を隙間を埋める要領で配置するとバランスのいい演出ができます
3⃣コーディネートポイント
しだれグリーンを中心に、さりげなく自然を感じるナチュラルテイストのコーディネート

フェイクグリーンで癒しの空間をトータルコーディネート

フェイクグリーンでコーディネート

フェイクグリーンの種類

グリーンモードは空間をトータルコーディネートできるように多彩なフェイクグリーンを揃えています。空間の目的や設置環境に合わせて効果的に配置していくことがポイントです。
 
壁面緑化 グリーンパネル 連接 敷き詰め 空間演出

[大壁面] 壁面緑化
壁面スペースにフェイクグリーンを敷き詰めるスタイル。大壁面での演出が可能で、インパクトと癒し効果の高い演出ができる。空間の見せ場作りに最適。
⇒商品案内はこちら「グリーンパネルを見る」

壁面 アート グリーン スタイル 空間 演出 

[中~小壁面] パネル装飾
アートを飾るように壁面演出するスタイル。レイアウト次第でグレード感やオリジナリティある演出ができる。 また、空間の魅力を上げて整えるアクセサリーとして重宝する。
⇒商品案内はこちら「インテリアデコを見る」

壁面 プランター 上壁 自然 有効利用 グリーンポッド

[上部壁面] 壁面プランター
壁面に取り付けできる自然スタイルのプランター。上部の空いてる壁面を有効利用し、さりげなく自然を感じる居心地よい演出 ができる。連続設置で空間にアクセントを作ることもできる。
⇒商品案内はこちら「グリーンポッドを見る」

フロア 装飾スタンド スタンド 置く

[フロア] 装飾スタンド
デザインにこだわった新感覚の装飾スタンド。家具周りやコーナーなど、ちょっとした空きスペースに置くと 空間を手軽にセンスアップできる。
⇒商品案内はこちら「グリーンスタンドを見る」

人工樹木 樹木 鉢 自然
[フロア] 人工樹木
樹木を使った装飾スタイルで、自然環境に近いインパクトある憩いの演出ができる。立体感がありアクセント にもなるので、広い空間での見せ場作りに最適。
⇒商品案内はこちら「人工樹木を見る」
テーブル スペース 間仕切り 卓上 ポッド

[テーブル上] 間仕切りポッド
フリーアドレスデスクなどの長テーブル上でプライベートスペースを確保できる間仕切り。実用的で手軽にリラックス演出ができる。
⇒商品案内はこちら「グリーンポッドを見る」

自然なスタイル デザインポッド グリーンポット 置くだけ 手軽

[テーブル・棚上] デザインポッド
自然スタイルなグリーンポット。インテリアに合わせやすく、置くだけなので、手軽に取り入れることができる。空間全体のグリーン量の調整やバランスとりに最適。
⇒商品案内はこちら「グリーンポッドを見る」

動線 区画作り フロア仕切り パーテーション グリーンスタンド
[フロア] パーテーション
動線や区画作りに使えるフロア仕切り。バリエーションが豊富で、用途や家具テイストに合わせて選べる。
⇒商品案内はこちら「グリーンスタンドを見る」

グリーン空間作りをご検討の方へ

「フェイクグリーンを使った居心地のいいグリーン空間作り」についてご紹介してきました。
「どこに設置したらいいの?」「どんなグリーンが合うかな...?」そういったお悩みを解決する為のヒントやアイディアが盛りだくさんな内容となっております。
クライアントへのご提案や自社オフィスのレイアウト変更などに是非ご利用下さい。
詳しくは、「おすすめガイド2」でご紹介しております。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。
受付時間:09:00~17:30 (定休:土日祝)
3つの安心保障