生の植物とフェイクグリーンの比較|フェイクグリーンの専門店 グリーンモード.jp

生の植物とフェイクグリーンの比較

フェイクグリーンを使った壁面緑化

屋内で壁面緑化を行う場合、フェイクグリーンを使った[グリーンパネル(GreenMode)][オリジナル造作]と[生の植物]の方法があります。
このページでは壁面緑化で重要な6つのポイント「インテリア性」「本物らしさ」「耐久性・メンテナンス」「打合せ手間・納期」「価格」「施工のしやすさ」を素材別に比較します。

どれを選んでもメリット・デメリットはあります

例えば[生の植物]、「本物らしさ」を求め自然環境を空間に取り入れたいなら最適です。しかし、水の循環システムや照明器具の設置など初期費用とランニングコストはかかってしましいます。
現場に合わせて制作するなら[オリジナル造作]ですが、打ち合わせ手間と納期がかかります。
[グリーンパネル(GreenMode)]は 空間演出しやすいように、[インテリアとしてのデザイン性]をより重視しています。また、規格商品のため価格も手ごろで、施工も簡単に行えます。

このように、比較する中で、どれが一番適しているかは、ご自身で判断するべきです。
その上で、私たちの「グリーンパネル(GreenMode)」を選んで頂き、喜んでいただけるなら、これ以上に嬉しい事はございません。

生の植物とフェイクグリーンとグリーンパネルの比較表

「インテリア性」「本物らしさ」

空間に合わせて「インテリア」として飾るには、デザインの自由度が高い[グリーンパネル(GreenMode)]がおすすめです。最近では、フェイクグリーンの質も高まり本物にも見劣りしないクオリティーになってきています。商業空間や施設、オフィスの特性や空間の条件に合わせてグリーンスタイルを選べます。

「本物らしさ」を求め自然環境を空間に取り入れたいなら[生の植物]がおすすめです。本物の植物でしか味わえない育てる楽しみや環境企業としてのイメージUPも行えます。

[オリジナル造作]はプランニング→製作→施工と現場に合わせたグリーン演出が可能です。ご要望に合わせて製作するためプランニング会社、製作会社の力量が問われます。

フェイクグリーンを使った壁面緑化の事例です

「耐久性」

[グリーンパネル(GreenMode)][オリジナル造作]はフェイクグリーンを使っています。直接日光が当たる場所や屋外での使用は色落ちや変色する場合があります。期間はいいにくいですが、直接日光が当たらねければ比較的長持ちもします。弊社で5年ぐらいショールーム展示している商品の変化はわからないくらいです。

[生の植物]は設置環境に慣れるまで植え替えが必要になる場合も多いようです。植物の種類、日当りなどで違うようですが、植物が環境に慣れるまでは育ちにくさがある事を頭に入れておいた方がいいでしょう。
土や虫など衛生面で[生の植物]が使いづらい飲食店やクリニックではフェイクグリーンを使った[グリーンパネル(GreenMode)]がおすすめです。

「メンテナンス」

フェイクグリーンを使う[グリーンパネル(GreenMode)][オリジナル造作]は経年劣化した場合は交換が必要になります。日々の掃除はほこりをはたきやエアースプレーでやさしく取り除いて下さい。

[生の植物]は水やりや剪定、落ち葉処理など定期的なメンテナンスが必要となります。水のやりすぎで根腐れ、落葉し植え替えをするなど、よく聞きます。造園業者やレンタル業者などにメンテンナスを委託するケースも多いようです。

フェイクグリーンのお手入れ方法

「打ち合わせ手間」「納期」

[オリジナル造作]はプランニング→製作→施工と現場に合わせて1から製作するため、完成するまでに何度かプランを作っていくためデザイン費が別途必要になるケースがあります。納期も比較的長くかかります。

[グリーンパネル(GreenMode)]は商品カタログがあるので、ビジュアルで見れて、価格、仕様、納期が確認できます。また、サイズや仕様変更など、オーダー対応で空間に合わせた演出も可能です。納期も数枚であれば1週間程度で製作できます。

「施工のしやすさ」「価格」

[生の植物]で壁面緑化を実現するには植物を育てるための水やり、照明などの仕組みの導入が必要となります。初期費用とランニングコスト、下地材などの施工手間がどうしても掛かってしまいます。

[グリーンパネル(GreenMode)]は規格商品のため価格が手ごろで施工も簡単に行えます。壁面で連接するタイプは正面から壁面にビス固定で取り付けできます。

フェイクグリーンと生植物の価格比較
お気軽にお問い合わせ下さい!
お気軽にお問い合わせ下さい!
受付時間:09:00~17:30 (定休:土日祝)
3つの安心保証