観葉植物 おしゃれなインテリアとして|ランキング おすすめ 解決

観葉植物をおしゃれなインテリアとして楽しむ

観葉植物は観賞するだけでなく、インテリアとしても絶大な人気を得ています。空間のインテリアには最適なアイテムとなります。とは言っても種類や大きさなども豊富で、どのようにして使えばいいかわからなかったり、迷ってしまうこともあります。もちろん、ご自宅であればリビングやお部屋などに好みのものを好きなように、好きなだけ置いていいと思います。下記写真の商品の組み合わせこちら⇒連結グリーンタイプGM1753GR1172GR1077GR1080GR1173

観葉植物_インテリア

ただ、今回はオフィスや公共施設など複数の人間が行き交うスペースでのインテリアとしてご紹介していきたいと思います。都市部だけでなく、様々な場所でのグリーン化が進んでいる今観葉植物の需要は高まる一方です。玄関口やエントランスに存在感のあるシンボルツリーを飾ってみたり、テレビやイベントのセットなどにもたくさん入っています。
是非、この機会にオフィスや共同スペースを観葉植物を使っておしゃれなインテリア空間にしてみませんか?

観葉植物の魅力 好まれるポイント

観葉植物は本来、葉や色味、形などを楽しむ植物です。観葉植物の持つグリーン色にも様々な色味があったり、形が違ったりとインテリアのアイテムとして合わせる楽しさが生れます。観葉 植物はインテリアとしての楽しみ方も魅力のひとつではありますが、リラックス効果にも繋がります。
観葉植物とリラックスする女性 
ただ、観葉植物が好まれる反面、植物として育てるといった部分では悩ましいところもあります。生き物ですから毎日の水やりや日光に当てて光合成を促したり、土があるので虫がいる可能性もあります。このような「お手入れ」を手間だと感じ、観葉植物の購入を避ける方も中にはいらっしゃいます。オフィスや公共施設でも同様に、生きた植物を配置する場合にはお手入れが欠かせません。
フェイクグリーン

そんな時、弊社で取り扱っているようなフェイクグリーンであればお手入れいらずで観葉植物を楽しむことが出来ます!植物の育成係を設ける必要もありませんし、枯らしてしまった際の責任の所在も必要ないです。まさに、企業や公共施設、共同スペースには最適なインテリアアイテムと言えるでしょう。
フェイクグリーンと言うと本物との質感の違いやクオリティーの低さが言われますが、弊社のフェイクグリーンは植物の品種も富んでいて、品質、バリエーション共に申し分ない他にも季節を関係なく楽しめるものへと変化しています。
ご興味のある方は是非、無料カタログでご確認してみてください。実際の施工例も多くご紹介しているのでインテリアの幅も広がると思います。
写真の商品はこちら⇒組み合わせタイプGR2556,GR2554,GR2552,GM1580

観葉植物のインテリアでの役割

インテリア_観葉植物_フェイクグリーン

私たちの心身や暮らしを快適なものへと整えてくれる観葉植物はおしゃれな空間づくりには欠かせない装飾の一部です。最近では雑貨として丈夫な多肉植物やエアプランツなんかも人気で、定番アイテムになりつつあり、ギフトなどでも喜ばれます。

そんな観葉植物がインテリアとしてどのような役割を果たしていくのか?簡単にご紹介していきましょう。皆さんが思っている以上に万能で、使い勝手の良いインテリアアイテムであることは間違いなしです!また、最近ではクオリティーが高いと好評をいただいているフェイクグリーンもおすすめ!

フェイクグリーンは手間を要さずクリーンな状態を長く維持することができます。その特徴を活かし、フェイクグリーンだから出来るインテリアとしての使い方も沢山あります。
写真の商品はこちら⇒GR3087

空間のアクセントとして

グリーン 壁掛け

例えば家具や建物自体にデザイン性の高いものが使用されていたとしても、それだけではまとまらなかったり、物足りなさや居心地の悪さを感じることがあります。そんな時、観葉植物を配置することで空間にアクセントを足し、馴染みやすいインテリア空間を演出することが出来ます。
写真の商品はこちら⇒GR3357,GR3356

また、観葉植物を配置することで空間全体の印象も引き締まり、一体感が生まれます。シンプルな空間にはもちろんですが、素材の個性が生きる空間でも、ハイセンスでおしゃれな空間にもマッチしてセンスのある空間へ変身させてくれます。

観葉植物などのグリーンはインテリアデザインなどに自信がない方や、初心者の方でも簡単に空間演出を行ってくれる万能アイテムです。企業のオフィスや公共施設などの広い空間や、無機質な空間にも最適です。

空間のバランスをとる

観葉植物は背の高い大型サイズから卓上に置くポットのような小さいサイズまで色々な大きさがあります。空間のスペースに合わせたサイズの観葉植物を置くことで、奥行きや解放感などを演出することもできます。高さや幅などインテリアとして全体のバランスを整えるには最適です。
吊り下げ フェイクグリーン

例えば天井が高い空間でも間にグリーンを配置したり、壁掛けや吊るすことでより高さを際立たせることもできますし、空間に立体感が生まれます。特に無機質な空間であればあるほど広さがかえって目立ってしまい、殺風景な空間になり兼ねません。

そこでインテリアとしてスタンド型のグリーンを入れたり、垂れるタイプのグリーンで動きを出すと殺風景な空間が全く違うおしゃれな空間へと変化します。細かい隙間や、閉鎖的な空間でもその場に合ったグリーンを配置することで空間デザインに磨きがかかります。
上記写真の商品はこちら⇒デザインポットGR4063

観葉植物 オフィスのインテリア例

観葉植物_フェイクグリーン_人工樹木

最近では鉢(プランター)の人工樹木が人気です。大きいので存在感やアクセントを出すにはぴったりです。高品質でリアルな人工樹木で手軽に自然なグリーン空間ができます。置くだけでお手入れも不要、そして高さやプランターの種類、根元の装飾まで種類豊富にご用意しております。人工樹木は本物の樹木とは違って軽いので移動も楽々、簡単に行えます。オフィスをグリーン化するインテリアは、人工樹木で解決できます。その他、フェイクグリーンのお問い合わせもお気軽にお待ちしております。

観葉植物 オフィスのインテリア例②

観葉植物_インテリア_オフィス

新感覚のグリーンスタンドやグリーンが垂れる演出もこなせるデザインポットの商品も豊富に取り揃えております。特にグリーンポットは多彩な楽しみ方で飽きのこないインテリアで癒し空間をつくりだせます。

気になる方は一度、無料カタログでそのバリエーションの多さを実感してください。商品ラインナップも豊富で、組み合わせも自由に再現できるのが嬉しいフェイクグリーンはお手入れ不要で、経済的にも衛生的にもオフィス環境のインテリアには最適な商品です。

観葉植物でインテリア空間を解決

観葉植物は種類、色、形など選ぶ基準は様々です。その中でも今回はインテリアアイテムとしての選び方をご紹介いたします。どんな空間にしたいか?イメージを持って選ぶことで理想のインテリア空間を手に入れることが出来ます。

飾り方やデザインで選ぶ

フェイクグリーン_インテリア

観葉植物はインテリアを考えた上では、終盤にプラスするアイテムです。なので空間に置く家具やレイアウトによって適切なものを選ぶためには始めに空間のイメージをつくり上げることが重要です。

先に空間のイメージがあることで必然的に必要なサイズ感や個数、種類などが明確にわかってきます。アンバランスな雰囲気にならないよう家具や室内のバランスを見ながら、どこに観葉植物があれば理想の空間になるのかを考えていきましょう。

フェイクグリーン_インテリア

また、オフィスや公共施設などは消防法などの建物の構造上の問題から、既に設置する位置が規制されていることが多いです。その場合は飾り方を工夫すると良いでしょう。先ほどもご紹介したスタンドタイプや、鉢植えのプランタータイプ、もしくは小さく楽しめるデザインポットなど飾り方は様々です。

 

テイストで選ぶ

観葉植物は種類や形の他にも原産地が異なります。それにより与える印象も変わってきます。南国イメージでハワイアンの空間をつくりたい場合はハワイのディスプレイをベースとし、ハワイでも生息しているような品種を選ぶことでより一体感が生まれます。

他にも店舗やショップなど、アジアンテイストの雰囲気でインテリアをお考えであればモンステラなどの植物を置くことでより雰囲気はアジアンになります。このようにテイストと植物の特徴を合わせることで空間全体がまとまってきます

観葉植物_アジアン

アジアンテイストにはオーガスタバンブーモンステラアレカヤシなどがおすすめです。

葉に特徴があって大きいものや、熱帯地域が原産のものが相性がいいとされています。インテリアで使用する色も濃い目のブラウンや大理石のような白い色で自然食とされているものがマッチします。

観葉植物_インテリア

シンプルでナチュラルな空間にはポトスオリヅルランアジアンタムなどが相性がいいとされます。

丸みを帯びた小さな葉や優しい色合いのものがおすすめです。家具などにも馴染みやすく、小分けにしてポイントで置けるのも嬉しいところです。

どんな雰囲気にも合わせやすいアイビーサンスベリアなども人気です。それぞれの個性も活かしつつ、インテリアとしても楽しめる。また、種類や配置によっても空間の印象が変わるところも楽しめるポイントです。
フェイクグリーンでも豊富な種類があり、複数のものを組み合わせて使うことも可能です。是非、インテリアのご参考にしてみてください。

人工樹木
弊社の商品「人工樹木」の分野は、樹種で選ばれますし、樹種の特徴で雰囲気作りにも使われます。
ただし、グリーンスタンドグリーンポットグリーンパネルの商品群は、あえて葉っぱを混在させたり、葉っぱのイメージが強くなりすぎないようにしています。
理由は、①風景や人物などの具象画は好みがあるが、模様や色合いを楽しむ抽象画は好みが少ない、②花は好き嫌いがあるがグリーンは好き嫌いが少ないです。
オフィスや商業施設向けとして、あえて特定イメージを持たせないようにしています。いろいろな人が行き交う共有のスペースには抽象的な表現で万人受けする好みが少ないグリーンアレンジが好まれます。

フェイクグリーン オフィスで人気ランキング 

グリーンスタンド パテーション

オフィスで人気ランキング第1位(令和3年4月)はグリーンスタンド(パテーション)です。
簡易な仕切りや、インテリア装飾、案内サインなど、商業施設・公共施設・オフィス等、様々なシーンで実用的でオシャレにグリーンを取り入れることが出来ます。
グリーンスタンドの詳細はこちら

人工樹木 フェイク
オフィスで人気ランキング第2位(令和3年4月)は人工樹木(樹木プランター、樹木パーテーション)です。高品質でリアルな人工樹木で自然なグリーン空間が手軽に作れます。
人工樹木の詳細はこちら
卓上 フェイクグリーン
オフィスで人気ランキング第3位(令和3年4月)はグリーンポット(卓上ポット)です。「卓上ポット」と「壁掛けポット」でオフィスや店舗を多彩に演出!オフィスやお店を、手軽に癒しの空間にコーディネートできます。
グリーンポットの詳細はこちら
グリーンウォール
オフィスで人気ランキング第4位(令和3年4月)はグリーンパネルです。壁面で連接して使う新しい演出スタイルのフェイクグリーンパネルになります。アレンジされたフェイクグリーンの組み合わせで、カンタン壁面緑化!
グリーンパネルの詳細はこちら

観葉植物をインテリアでおしゃれに楽しむ まとめ

インテリアとして観葉植物をおしゃれに楽しむことで空間のイメージも変わります。種類や配置だけでなく、インテリアとしての見せ方を意識することで空間全体の印象も良くなります。

グリーン化が進み、企業のオフィスや公共施設、共同スペースなどにも取り入れることが増えてきました。自然本来の姿はもちろん素敵ですが、水やりや風通し、日光に当てることなど、育てる上での手入れを考えると大型施設や複合施設での採用は中々難しい部分もあると思います。そこで人気に拍車がかかったのがフェイクグリーンです。

パテーション グリーン

フェイクグリーンはお手入れいらずで綺麗な状態を長く楽しむことが出来ます。また、土なども使用しないので色んなアレンジで楽しむことが可能になりました。需要が増えたことで弊社でも大型の鉢植えから小型のポット型まで、豊富な種類で幅広く取り扱いができるようになりました。
これからのオフィス環境や、大型複合商業施設などにはインテリアとして更に、グリーンなどは増えることでしょう。また、フェイクグリーンの可能性は留まることなく、医療機関やショップ、店舗にまで採用されるケースが多くなりました。
インテリアとして楽しむならフェイクグリーンは最適なアイテムです。是非、無料カタログをご覧になって理想のインテリアをイメージしてみませんか?お見積りなども受け付けておりますのでお気軽にお問合せください。

おすすめ商品はこちら

ソーシャルディスタンスに関する商品特集はこちら