フェイクグリーンの屋外用|グリーンモード

フェイクグリーンの屋外用「グリーンパネル」

屋外で使うならこのタイプ!連接でも単体でも使えます。

フェイクグリーン 屋外

屋外でフェイクグリーンの壁面緑化をご検討されている方へ

屋外では、生の植物による壁面緑化が主流ですが、高い導入コストやメンテナンス費用、環境に馴染むまでに数年で枯れてしまうこともある為、ェイクグリーンを求める声が増えてきています
当社の屋外用グリーンパネルは、デザイン性が高く薄型で軽量後付けが出来て施工が簡単な為、建物の価値を高める外観デザインのツールとして注目されています
今まで壁面緑化が大変だった外壁にも、環境緑化によるイメージアップやグリーンの心理的効果を手軽に取り入れることができます
グリーンアレンジの種類も豊富で、連接でも単体でも使用できるので、目的やイメージに合わせて演出できます。
但し、フェイクグリーンも屋外で使用した場合は、経年劣化が生じますので、生の植物と同じく、定期的な交換を前提としたご使用をおすすめします

屋外での使用を考慮した仕様・構造となっております。

屋外用グリーンパネルは屋内用とは異なり、以下の点が工夫されています。 

■フェイクグリーン(人工グリーン)で樹脂素材を使用しています。
屋外商品は屋内商品より、水に強く、耐久性のあるフェイクグリーンを使用しています。
耐久性はありますが、一部変色、劣化や砂ぼこりで黒ずんだりします。
台風などの強風や豪雨、積雪などにより葉が折れたり、取れてしまう場合があります。

フェイクグリーン屋外用の商品詳細
付け替えて使用する
屋外用のグリーンパネルは自然の植物よりは丈夫ですが、永久使用品ではありません。ある程度耐久性がありますが、樹脂素材のグリーンは長い間に劣化してもろくなっていきます。葉っぱの抜け落ちやよごれ、変色がひどくなった場合は、取付レールより、グリーンを外して新しいパネルと付け替えてお使いください
 

■耐久性に優れたパネル構造
パネル本体部分は、樹脂コーティングした金網、アルミのレール金具、ステンレスの金具とネジを使用してますので、水には強く(金網は屋外で使用されている仕様と同等な物になっています)、パネルが金網状になっているため、水がたまりません。また、風も通り抜けるので風圧がかかるのを防ぎます

フェイクグリーン屋外用のパネル詳細
金網の補修について
やむをえずサイズ調整等でカットしてお使いの場合、金網は樹脂コーティングしてありますが、カット面のスチールがむき出しになり、さびてしまします。金網の耐久性を保つためにも、カット面にはホームセンター等でも売っている屋外用アクリル系のタッチペン等を使って補修してください
 

■取付レールを壁に取り付けて、金網状のパネルを引掛けて固定する方式
壁への設置は、専用のレール金具があるのでカンタンに取り付けできます。
取り付けは壁の状況や、使用環境によって異なります。専門知識のある業者の方に依頼し、業者様の責任において行って下さい。

フェイクグリーン屋外のパネル詳細

パネルの交換について
フェイクグリーンが劣化して交換する場合は、壁側に取り付けた取付レールをそのまま利用して、グリーンのパネル部のみ交換できます。
 

屋外フェイクグリーンの設置事例

屋外用グリーンパネルは、デザイン性が高く薄型で軽量後付けが出来て施工が簡単な為、建物の価値を高める外観デザインのツールとしてお使い頂いています。
今まで壁面緑化が大変だった外壁にも、環境緑化によるイメージアップやグリーンの心理的効果を手軽に取り入れることができます
グリーンアレンジの種類も豊富で、連接でも単体でも使用できるので、目的やイメージに合わせて演出できます。
フェイクグリーン屋外の施工事例
こちらはフェイクグリーンを屋外のフェンス部分に施工した事例になります。複数枚を均等に設置する事で統一感のある演出ができます。
フェイクグリーンは軽量なので壁やフェンスにも負担を掛けずに楽しむことができます。店舗やオフィスの軒先や、低い位置での装飾にも向いています。公共施設や工事現場などの壁にも手軽に使えます。
写真の商品はこちら→GR1214
 
フェイクグリーン屋外とサイン組み合わせ
サインの一部としてフェイクグリーンを使用した事例になります。内装にグリーンを取り入れている為、入口サインも統一感をもたせて設置したいという意向で、屋外用のフェイクグリーンを使用しています。写真の商品はGR1203GR1205GR1207となりますが、施工業者様でサインと合わせたサイズ調整の為、カットして取り付けしています。
写真の商品はこちら→GR1203GR1205GR1207
フェイクグリーンを使用する魅力として、うす型でデザイン性の高い装飾が手軽に施工するできることが挙げられます。生の植物の場合は、育てる仕組みなど大掛かりな工事が必要となりますが、フェイクグリーンを使うと環境イメージを取り入れイメージアップにつながります。
 
フェイクグリーン屋外の施工事例

上記写真はエントランスの軒下での設置事例となります。複数の種類があり、本物と見分けが付かないほど品質も高く、壁面緑化のクオリティーもバッチリです。
屋外用のフェイクグリーンは設置する際、レールにパネルを引掛けて取り付けます。うす型で既存の壁に後付けできるのも魅力です
写真の商品はこちら→GR1204×4、GR1206×4、GR1208×4
 

無料カタログをご用意しておりますので、お気軽にご請求下さい。
無料カタログをご用意しておりますので、お気軽にご請求下さい。
受付時間:09:00~17:30 (定休:土日祝)

フェイクグリーンの屋外用商品はこちら

フェイクグリーンを屋外で使用する際の注意事項

フェイクグリーン 直射日光

屋外環境によって生じる劣化や不具合は、以下が挙げられます
・太陽光、紫外線…紫外線による退色が徐々に発生します。葉の種類によって差があります。
・風…台風や暴風などで葉が取れたり、折れたりします。
・雨(雪)…豪雨や台風、積雪などで葉が取れたり、折れたりします。
・いたずらや生き物による害…人が引っ張って抜いたり、鳥が抜いたり、虫や動物が巣をつくったりすることがあります。

屋外用グリーンパネルは屋内用よりは丈夫ですが、永久使用品ではありません
フェイクグリーンは直射日光を浴び続けると劣化していきますので、ある程度、劣化したら新しいグリーンパネルに交換を前提にご利用ください。

劣化の進行や度合いを確認する為、耐久実験を行っています。

屋外フェンスに、屋外用グリーンパネルを取り付けて経過観察をしています。
設置場所は富山県の工場敷地内、北向き屋外フェンスです。商品は壁付け専用商品ですが、風による破損検証の為、あえて裏側から風が吹きつける悪条件で設置しています。
 
■2019.12.14撮影
フェイクグリーン 屋外 設置実験
フェイクグリーン 屋外 設置実験 詳細1

商品は(左から)GR1204GR1206GR1208GR1210GR1212GR1214、のw900×h900㎜の商品を6枚連接して取り付けています。6枚連接の下部は目隠しの為、w900×h300のフェイクグリーンのベースマットを6枚連接で取り付けています。
※耐久性実験のため、屋外フェンスに取り付けていますが、商品は壁付け商品となりますのでご了承ください。
 

■(左)2020年1月9日撮影、(右)2020年2月7日撮影

フェイクグリーン 屋外 設置実験 詳細2
左の写真は風速最大14.3mの翌日2020.1.9に撮影。ほとんど破損は見られませんでした。
右の写真は大雪時の20.2.7に撮影。ほとんど破損は見られませんでした。
 
■2021年10月5日撮影
フェイクグリーン 屋外 設置実験 経過
フェイクグリーン 屋外 設置実験 詳細3

屋外設置実験
屋外用グリーンを屋外のフェンスに取り付けて実験をしております。この実験では約半年でカポック、アイビーの葉が青く変色し始めましたが、他のグリーンは数年たっても変色していません
台風で一部の葉が折れて(取れて)落ちましたが、ほとんどの葉はついたままです。風速20mの強風でも大丈夫でした。雨や積雪もありましたが大丈夫です。ただ、砂ぼこりの付着やクモの巣がかかったりしています。

付け替えて使用する
屋外用のグリーンパネルは自然の植物よりは丈夫ですが、永久使用品ではありません。ある程度耐久性がありますが、樹脂素材のグリーンは長い間に劣化してもろくなっていきます。
葉っぱの抜け落ちやよごれ、変色がひどくなった場合は、取付レールより、グリーンを外して新しいパネルと付け替えてお使いください