フェイクグリーンでインテリアを空間演出|通販

インテリアをフェイクグリーンで空間演出

インテリア_グリーン_観葉植物

長い時間を過ごす部屋だからこそ、置くインテリアや家具にはこだわりたいと考える方は多いのではないでしょうか?
その中でも、インテリア要素として生活や暮らしに彩をもたらしてくれるお花や観葉植物の存在が急激に大きくなってきました。そのため、観葉植物のことをインテリアグリーンとして位置付けることも増えました。上記写真の商品はこちら⇒GR4256GR4294

インテリアグリーン_モデルルーム

今や、雑誌やインターネット、SNSなどの情報 検索の他にも、住宅展示場のモデルハウスや、展示会などのイベントブースに於けるまで、インテリアグリーンの需要は幅広くおしゃれな空間づくりを考えた上では欠かせない存在となっています。

観葉植物専門のショップが出来たり、観葉植物の中でもそれぞれの品種(例えば多肉植物専門やドライフラワー専門など)に特化した店舗があったり、弊社のようにフェイクグリーンを専門とした会社があるように、需要が増えたことで新たなマーケットができたのも事実です。

今回はこのインテリアグリーンについてご紹介しつつ、空間演出の方法など参考になるよう実例も含めてお届していきたいと思います。弊社はフェイクグリーン専門店ですから、フェイクグリーンが気になっている方や、フェイクグリーンの採用を検討されている方はお気軽にお問い合わせください。

人気のインテリアグリーンとは?

空間に合わせてラグやカーテンを選ぶように、理想のお部屋を作りたい場合にはインテリアグリーンもテイストにあったものを選ぶことがおすすめです。花や観葉植物はなくても生活は事足りますが、あることで生活を華やかに彩ることができ、そしてより豊かな暮らしにしてくれます。

インテリア_植物
観葉植物などのインテリアグリーンがない室内はシンプルで質素な雰囲気になりがちですが、一つでもキッチンやリビング、玄関にインテリアグリーンがあれば温かみのある室内や、自然のうるおいが感じられます。
また、観葉植物やお花は成長によって伸びたり、季節によって新芽が出たりすることで愛でる気持ちが芽生えますし、雑貨などと一緒にも飾りやすいです。

しかし、植物は生き物ですから、初心者でも育てるにはそれなりのお手入れが必要となります。
花瓶に差す場合でも水を替えてあげたり、枯れた部分を剪定したりしなければ長持ちはしません。鉢 植えの場合には水やりだけではなく、日当たりや風通しなども気にしてあげないといけません。

愛でる気持ちで生育する場合には生きた植物が最適ですが、本当にインテリアとして考えた際にはフェイクグリーンがおすすめです。今お話したお手入れは一切不要で、安心して長く同じ状態で楽しむことができます

フェイクグリーン_インテリアグリーン
弊社では幅広い商品ラインナップで、どんな空間にも合わせやすくアレンジ豊富なフェイクグリーンをご用意しています。今では造花なども含め関連 特集が組まれるほどで、空間のポイントで置きたい方や、コーディネートとしてもぴったりの魅力あふれるものです。
是非、一度無料カタログでご覧になってみてください。
最近は会社のオフィスや大型複合施設に留まらす、イベントスペースや医療機関にまで採用いただいている人気のインテリアグリーンです。

自宅以外でインテリアグリーンが見直されている理由

先ほどもお伝えした通り、自宅以外でのインテリアグリーン需要が伸びています
理由はそれぞれありますが、一番の大きな理由は「空間演出」ではないでしょうか?無機質な空間になりがちなオフィスや病院などの医療機関にグリーンを配置することで空間が彩られ、安らげるような居心地の良い癒し空間が完成します

オフィスは働き方改革などの政策も含め、従来の仕事モード全開な空間よりもリラックス出来るような空間が好まれるようになりました。また、医療機関に於いては心配や不安といった精神状態を少しでも和らげれるよう観葉植物を置くことが多いです。ウンベラータやモンステラなどの樹木タイプのプランターや寄せ植もたくさん検索されています。

フェイクグリーン_インテリアグリーン

上記写真のように、病院の廊下部分にインテリアグリーンを設置することで、空間に華やかさや癒しを感じることができます
何もない廊下は冷たさや閉鎖的なイメージになりやすいですが、このようにフェイクグリーンを飾ることでマイナスなイメージを払拭することができます。
上記写真の商品はこちら⇒GR3691GR3689

他にも様々な場所での施工事例がございます。オフィスや施設、病院などの空間演出をお考えの方は是非参考にしてみてください。

インテリアグリーンの採用例

前途でお話したように、自宅以外でのインテリアグリーンが人気となっていることからフェイクグリーンを使ったインテリア グリーンの採用例をいくつかご紹介していきたいと思います。
観葉植物のグリーンがある空間とない空間では雰囲気が全然違ったものになるので参考にしていただければと思います。

まずは、病院の待合室でのフェイクグリーンの採用例です。
下記写真のように、病院は衛生面などのイメージから白が基調となる場合が多いです。白い空間は清潔感も出ますが、冷たさも感じやすいです。そこにグリーンの緑が入ることで清潔感と爽やかさ、癒しを兼ね備えた空間へと変身します。

病院_フェイクグリーン_インテリアグリーン

白い壁に飾られているインテリア グリーンはインテリアデコグリーンを壁掛けタイプにしたものです。
アレンジしたグリーンアートは大きめのサイズも充実しているので、空間に合わせて選ぶことが可能になります。

下に置いてある観葉植物のグリーンはボックスパーテーションのしだれグリーンとの組み合わせ商品になります。ボックスやグリーンを選べることで室内の雰囲気に合わせて注文ができます

フェイクグリーン_インテリアグリーン

こちらはオフィスのデスク周辺でグリーン装飾スタンドを採用。
こちらも白が基調となる空間に黒いアイアンのスタンドとグリーンの緑で空間が引き締まります。通常の観葉植物とは違い、土などを使用していない分、移動も楽に行うことが出来るのでちょっとした仕切りなどにも使うことが出来ます。

上品でスマートなスタイルから、シンプルモダンな空間シックでラグジュアリーな空間にも合わせることができるインテリア グリーンになります。そのためホテルのロビーや、個人事務所などのエントランスにも採用いただけます。
写真の商品はこちら⇒GR2522GR2514

フェイクグリーン_スタンド

グリーンスタンドは左記写真のように看板としても応用することができます。
案内表示や、店名や社名の看板など多岐にわたって使えることや、コンセプトに沿ってグリーンを採用したい場合などに便利です。

観葉植物のインパクトもあり、存在感が出ます。スタンドの色やグリーンの種類も選ぶことが可能です。
左記写真の商品はこちら⇒GR2709

他にも約1000アイテムの商品が掲載されている無料カタログがございますので、参考にご覧になってみてはいかがでしょうか?理想の空間演出を叶えることができるかもしれません。

続いては、インテリア グリーンとして壁の一部分を観葉植物のフェイクグリーンで壁面緑化にしたパターンです。
最近はこの壁面緑化を行う会社や施設が増えました。主に都市部で多く見受けられ、都市部のグリーン化を図ろうというのが目的でもあります。

実はこの壁面緑化なんですが、実際の観葉植物を使って行うにはかなりの時間と手間を要します。壁面に施工するため、水やりが上手くいかなかったり、重力によって下部に水が溜まりやすく育ちにもバラつきが出てしまいます。
また、始めは小さい植木から始めるので壁がグリーンで密集するにも時間がかかり、その間に剪定などのお手入れも欠かさず行わないとキレイな状態の壁面緑化にはなりづらいです。

フェイクグリーン_壁面緑化

しかし、フェイクグリーンの場合は施工してすぐに密集したキレイなグリーンを望むことができお手入れも一切不要です。
水やりによる水溜まりなどの心配もなく衛生的で室内での壁面緑化には最適です。

室内空間にこのような観葉植物の壁面があると演出効果は抜群インパクトがありますよね!品種もバラバラに混在させることで抽象的な印象を与え、飽きのこない万人受けする空間となります。そのため、多くの人が行き交う場所や、人が集まりやすい空間に人気のインテリア グリーンになります。
上記写真の商品はこちら⇒GM1552GM1553

壁面緑化をご検討の方にはフェイクグリーンがおすすめです。弊社の売れ筋ランキングでも上位に入るほど人気、需要共に申し分ない商品となります。また、壁面緑化を考えていてお悩みやご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。

インテリアグリーンはちょっとした空間にも

フェイクグリーン_観葉植物

先ほどからご覧いただいているインテリアグリーンの採用例以外にも、ちょっとした場所にもインテリアグリーンは最適です。

小さな空間であればあるほど、観葉植物などのグリーンの存在は大きく、安らぎや安心感を与えてくれます。

左記写真の商品はこちら⇒GR4391GR2213

上記写真は病院の面会ルームでインテリアグリーンとして卓上ポットグリーンスタンドを採用。小さなスペースでもグリーンがあることで居心地が良く、落ち着ける空間となります
床や柱の色合いに合わせてスタンドグリーンの土台もナチュラルにすることで統一感が出ます。また、観葉植物の種類も混在していることで実際の観葉植物とフェイクグリーンの見分けが付きにくく、自然体です。
フェイクグリーンの品質やクオリティーは年々高くなり、昔のようにチープな感じや貧相な雰囲気が全くありません。それもフェイクグリーンが人気となってきている要因かもしれません。

下記写真のようにミニサイズの可愛らしいミニポットも人気があります。
カポックやユッカなどの観葉 植物がミニサイズになると大きい樹木タイプとは違って可愛らしさが増しますね。
他にもポトスやアイビー、サンスベリアなどの観葉植物も100均などではミニサイズで販売していて人気がありますよね!丈夫な観葉植物ならいいですが、ミニサイズの観葉植物は温度管理や水やりにデリケートな部分があるので枯らしやすい場合もありますので注意が必要になります。

フェイクグリーン_ミニサイズ_観葉植物
インテリアグリーン_観葉植物


こちらは出入り口付近に連接グリーンを使ったインテリアグリーンになります。壁の色合いにもマッチし、立体的な壁紙のようにも見えます。

こちらの商品は細い木浅やメタルのラインと組み合わせることで、観葉植物というよりインテリア寄りにグリーンを楽しむことができます。
左記写真の商品はこちら⇒GM1747

インテリアグリーン_壁面

上記写真は連接ポットのインテリアグリーンです。ポットを連接して設置するレールタイプの演出アイテムとなります。
パネルのデザインからはみ出して枝垂れるグリーンが生き生きとした表情や遊び心を演出してくれます。また3本のメタルラインがデザイン性に富んでいて、何もない廊下でもアクセントになり空間を演出してくれます。上記写真の商品はこちら⇒GM4757

インテリアグリーンについてまとめ

インテリアグリーンは、日々生活をする上でのインテリアとしては欠かせなくなった観葉植物を指します。
冒頭でお伝えした通り、グリーンがなくても生活に支障はありませんが、グリーンがあることで生活を豊かに彩ってくれる最高のアイテムです。

ただ、実際の観葉植物はそれなりに手間も時間も要しますが、フェイクグリーンであればそういったことは一切なく、通年でキレイな状態を楽しむことができます。そのため、自宅以外のオフィスや複合施設、医療機関などで人気が出て需要が増えていきました。
手間を要さないことで人手やコストが掛かることもなく空間演出としても存在感を発揮するフェイクグリーンが求められるのも理解できますね。

今後もフェイクグリーンの需要は増え、様々な場面で採用されることでしょう。普段見ているTV番組のセットなどはほとんどがフェイクグリーンを使っています。よく気を付けて周囲を見渡してみると実は色んな場所で使われているかもしれません。
皆さんも是非、フェイクグリーンを使ったインテリアグリーンで空間演出をしてみませんか?

おすすめのフェイクグリーン商品はこちら