リアルなフェイクグリーンの人気おすすめ商品|知識

リアルなフェイクグリーンが人気

部屋やオフィス、事務所など、室内に観葉植物を置きたいと考えていても、お手入れなどの管理やメンテナンス、汚れや衛生面を気にしてためらう方も多いのではないでしょうか?
そんな時におすすめしたいのが本物そっくりのフェイクグリーンです。

水やりや日光浴なども不要で、手軽に楽しめるインテリアアイテムとして空間を彩ってくれます。よりリアルに近付いたフェイクグリーンは種類もアレンジも豊富になり、品質も高くなってきています。
今回はそんなフェイクグリーンの選び方やおすすめ商品を一挙にご紹介していきたいと思います。

フェイクグリーン_オフィス

上記写真のフェイクグリーン商品はこちら⇒GR2276GR4245GR4246GM1429
他にもフェイクグリーンの空間演出の参考になる施工事例もあるので、併せてご覧になってみてください。

リアルなフェイクグリーンでお手入れ楽々

今では、1空間に1つはあるとされている観葉植物ですが、部屋に緑があると癒されたり、爽やかな清々しい気持ちになりますよね。殺風景なお部屋でも観葉植物のグリーンがあることで、室内のイメージはガラリと変化します。

ただ、冒頭でもお話した通り、本物の観葉植物を置く場合には、水やりや剪定、日光浴などの手間がかかりお世話をするのが大変だと思う方も…。だからと言って作り物の造花や人工観葉植物を置くにも抵抗があったり安っぽく感じて嫌厭する方が多いのも事実です。

シンプル空間_フェイクグリーン

しかし、実際のところ、最近のフェイクグリーン商品をご覧いただくと、本物の植物と見分けが付かない方も多くいらっしゃるほどクオリティーが高く、本物の観葉植物に引けを取りません
これは、今までのフェイクの安っぽさやチープ感を払拭するために、フェイクグリーンも進化してきたことを現します。

フェイクグリーン

見た目や質感にまでこだわり、造られたフェイクグリーンは、それでいて水やりなどの手間が一切掛からないという優れ物
インテリアとして観葉植物を考えた際にはまさに、メリットしかないアイテムなのかもしれません。

気分転換に部屋の模様替えを考えている方や、オフィス・事務所の空間づくりには最適です。是非、フェイクグリーンを使って空間コーディネートやイメージ作りにお役立てください。

今回の記事はリアルなフェイクグリーンの選び方やおすすめ商品などを解説していきます。今まさに、観葉植物の購入や導入を迷われている方は必見です。

その前にフェイクグリーンの商品をご覧になりたい方は無料カタログでご覧いただけます。約1000アイテムを掲載し、使い方やアレンジ方法は多数!生きた観葉植物では難しいものでもフェイクグリーンだから出来る使い方も豊富に記載してあります。

リアルなフェイクグリーンの選び方

リアルさが魅力となりつつあるフェイクグリーンを使って、インテリアグリーンとして楽しむための選び方をご紹介します。
選ぶコツやポイントを抑え、空間に合ったフェイクグリーンをお楽しみください。

フェイクグリーン_空間演出

観葉植物の種類やタイプで選ぶ

フェイクグリーンは観葉植物の需要が大きくなったことで種類も各段に増えました。それぞれの植物の特徴を活かしたタイプがあり、置く場所や雰囲気に合わせて選ぶことが可能となります。

定番の観葉植物は大きめの人工樹木がおすすめ

観葉植物の中でも定番と言われるウンベラータやシェフレラ、フィカス・ベンジャミンにオリーブの木やアレカヤシなどは人工樹木樹木プランタータイプ人気です。人工樹木というだけあり、大きな鉢に本物の観葉植物のように植え込みされています。

高さもあり、存在感があるのでシンボルツリーとして部屋の目立つところに置く方も多いです。樹木プランターでも複数の樹種があるので空間の雰囲気や好みのテイストに合わせて選ぶといいでしょう。

フェイクグリーン_人工樹木

また、リアルな観葉植物で写真のような大型の鉢植えになると鉢の重さだけでなく土や根の重さがかかり移動も大変です。
しかし、フェイクグリーンの樹木プランターであれば移動も簡単に行えるので、ちょっと寄せたいなと思っても手軽に持ち運びができます。

上記写真の商品はこちら
   ⇩⇩⇩⇩
GR5002 ウンベラータ H1900
GR5007 シェフレラ H1800
GR5005 フィカスベンジャミン H2200

男性女性問わず楽しめるタイプ

フェイクグリーンの中でも多肉植物やサボテンは人気があります。
丸みを帯びたフォルムやとげとげした見た目で、小さく可愛らしさもあります。独特の葉や茎が特徴的で色のバリエーションも豊富です。インテリアとしてちょっとした棚の上やテーブル・デスクの上に置いてもアクセントになります。

サイズ感が丁度良く、ちょっと飾るのにも最適ですし、寄せ植えにして複数の種類をミックスさせてもおしゃれです。尖ったトゲや葉先がクールにも見え、男性でも手軽に取り入れやすいので男女問わず楽しめます

フェイクグリーン_多肉植物

吊るして飾るのにも最適

最近は、観葉植物を置くだけでなく、吊るしたり壁に掛けたりしてオシャレに楽しむ飾り方が増えています。天井からガーランドのようにフェイクグリーンを垂らしてみたり、ハンギングなどを使って鉢を吊るしてみたり、壁に特殊な土台を付け壁掛けのグリーンを楽しむなど、今までの飾り方から大きく変化してきています。

しかし、リアルな観葉植物には土や水が必要になるので、天井から吊るしたり壁に掛けたりする際には注意がいります。逆にフェイクグリーンであればどんな風にもアレンジができ場所も選びません。自分たちの感性やアイディア次第でいかようにもアレンジができます。

フェイクグリーン

天井や壁から吊り下げるのであればツタやツル系の種類が向いています。自然な曲線や垂れる感じの動き、葉っぱのボリュームまでもリアルに再現されているものが多いです。
フェイクグリーンの中でも吊るしグリーンに採用されるのはアイビーやポトス、グリーンネックレスなどが多いです。

左記写真の商品はこちら⇒GR4063

フェイクグリーンで吊るしグリーンや、壁掛グリーンをお求めの方はグリーンポットインテリアデコがおすすめ。取付や設置も簡単で空間にアクセントをつけることができます。

場所に合わせてサイズで選ぶ

フェイクグリーンはミニの小型のものから大型のものまで幅広いサイズが用意できます。置く場所や、理想の空間イメージに併せて最適なサイズを考えながら選んでいきましょう。

小型のものは棚上やちょっとしたスペースに

小さいサイズのグリーンでもあるとないとでは雰囲気が全然違います。20cm程度のサイズはちょっとした隙間を埋めるのにもちょうど良いサイズ感です。キッチンカウンターの上や、棚の空いているスペース、出窓なんかにも置きやすいです。

また、フェイクグリーンは大きく成長することはないので、そのまま置いておいても何の心配もありません。周りのインテリアや雑貨との相性・バランスを考えて選ぶといいでしょう。

下記写真の商品はこちら⇒GR4107GR4108GR4109​​​​​

卓上ポット_フェイクグリーン

デスク周りや卓上には中型が人気

デスクや卓上の上に観葉植物を置きたい時は中型のサイズが人気です。他にも玄関やリビングにも一番多く取り入れられる一般的なサイズ感が中型です。種類によっては背が高いものや低いものなどがあるので、置く場所に合わせて選ぶといいでしょう。
また、モンステラやパキラは多少の高さもあり広がるような葉ぶりをしているので中型でも存在感があります

フェイクグリーンであれば、誤って倒してしまっても汚れる心配もないのでオフィスのデスクでも安心して置くことができます。大切な書類や精密機器のパソコンに被害があっては大変ですから、オフィスや事務所には特にフェイクグリーンが最適です。

フェイクグリーン_卓上

インパクトがある大型は目に入る場所へ

オフィスのエントランスやエレベーターホール、広い空間には150cm以上の大きいサイズを置いてインパクトに。空間全体の印象も変わり、シンボルツリーとして空間を彩ってくれます

フェイクグリーン_人工樹木

ホテルや店舗、施設や病院のクリニックにも好評で、フェイクグリーンだと土や水を使用しないため、害虫・カビの発生もなく衛生的です。

特に医療機関では、安全面や衛生面に気を使わなければなりませんが、癒しも重要な要素です。リアルな観葉植物でなくても、植物のグリーンが視界に入ることで落ち着きや癒しを感じることができます。

フェイクグリーン_待合室

上記写真は病院の待合室にフェイクグリーンを設置した事例になります。
写真の商品はこちら⇒GR3348GR3350GR5033GR5030

白い壁やソファーが清潔感を出し、鮮やかな緑が癒しを演出。フェイクグリーンがない状態を想像すると、シンプル過ぎて殺風景にも感じます。人はキレイ過ぎる空間に落ち着きが持てず、緊張しやすい傾向にあります。病院ではなるべくリラックスしてもらいたいという計らいからフェイクグリーンのようなアイテムを取り入れる医療機関が多いです。

インテリアや雰囲気に合わせて選ぶ

種類も豊富で、よりリアルに近いフェイクグリーンはお部屋のインテリアや雰囲気に合わせて選ぶと、空間の統一感も出ておしゃれになります。最近ではプロの空間クリエイターやコーディネーターたちからも好評で、人気があります。
以前に比べ、飲食店やショップ、企業や会社でもコンセプトやテーマに沿った空間づくりが主流となってきています。

例えば、ナチュラルで自然素材にこだわりをもった商品を販売するようなお店には明るく柔らかな雰囲気がある観葉植物のフェイクグリーンがおすすめ。ポトスやパキラ、カポックなどがマッチします。

他にも北欧風やアジアンテイスト、和モダン、ラグジュアリーなどさまざまなテイストがあると思います。そのテイストに合わせて選ぶこと一体感も生まれます

フェイクグリーン_観葉植物

観葉植物のグリーンは抽象的な色として基本的になんにでも合います。しかし、気を付けたいのが鉢やプランターといった土台です。

左記写真のようにウッド系の鉢植えを使うとナチュラルさが増し、相乗効果としてフェイクグリーンもよりリアルに見えます。

反対に、シンプルなホワイト系のものを使うと、清潔感や爽やかさが増します。ブラウン系になるとカジュアルになったり、ブラックだとシックで洗練されたような雰囲気が出せます。
それぞれの空間テイストやデザインに合わせて、フェイクグリーンの種類や鉢を選びましょう

もし、空間コーディネートに迷ったら?
弊社ではイメージを伺い、それに合わせてフェイクグリーンの提案をすることも可能です。特にオフィスや商業施設などの大型空間は迷われる場合が多く、ご相談をいただきます。専門店として幅広いバリエーションのご提案ができるので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

空間演出のご相談はこちらから
空間演出のご相談はこちらから
受付時間:09:00~17:30 (定休:土日祝)

リアルなフェイクグリーンのまとめ

観葉植物のインテリアアイテムとしての需要が大きくなったことで、フェイクグリーンの需要も増えました。その為、今までの安っぽさやクオリティーの低さを見直し、より本物に近いフェイクグリーンになったことは間違いありません

生きた観葉植物のような空気を清浄する効果や、マイナスイオンの放出などはできませんが、今では、光触媒の加工を施し、消臭・抗菌の機能がセットとなっているものも販売されています。

フェイクグリーン_光触媒

また、フェイクグリーンの種類もアレンジも増えたことで手に入れやすくなり、価格も安いものでは100均で買うことができるようになりました。手軽に始められるインテリアアイテムとしても人気が出て、初心者の方でも入りやすく部屋をおしゃれに出来るので喜ばれているみたいです。
そして手間いらずなことでプレゼントにも喜ばれ風水や花言葉の意味を検索し、想いを込めたギフトとしてもおすすめです。

アーティフィシャルフラワー

100均ではフェイクグリーンだけでなく、実や花が付いているものもあり、自分で好みのものを組み合わせてリースやアレンジをDIYする方も多いようです。

フェイクグリーンのクオリティーが上がったのと同様に、造花の品質も各段にアップしました。アーティフィシャル フラワーといった新たな商品も出回っています。

人工樹木のオリーブやヤシ、フィカス・ベンジャミンなど、本物に近付けるために、木の枝や幹、形にまでこだわって作られたフェイクグリーンは、既に1つの商品カテゴリとして確立されてきています。もう「ニセモノ」とは呼べないレベルです。

是非、皆さんもこのリアルに近付いたフェイクグリーンで空間演出を考えてみてはいかがでしょうか?
注文や送料についての利用情報や、商品に対する質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。まずは、無料カタログにて品質が向上しているフェイクグリーンをご覧になってみてください。

商品に関することはお気軽にご相談ください。
商品に関することはお気軽にご相談ください。
受付時間:09:00~17:30 (定休:土日祝)

おすすめフェイクグリーンはこちら