観葉植物【ユッカ】について|育て方 知識 通販 おすすめ

【ユッカ】という観葉植物について紹介

観葉植物_ユッカ

観葉植物のユッカはサンスベリアやアガベと同類のリュウゼツラン科に属する植物で、英語では「yucca」と称され品種も豊富です。出で立ちが似てるものが多く、葉が垂れるか垂れないかなど見分けが付きにくいです。

名前の由来はカリブ諸島でユカと呼ばれるキャッサバと似ており混同したために付けられ、日本の園芸種では「青年の木」という名前でも呼ばれます。ユッカは中央アメリカやメキシコが原産となり、常緑の多年生植物とされています。低木ではあるが、種類によっては大きいものだと10mを超すものもあるそうです。

葉は硬く厚みがあり剣状の形状は先が針のように尖っていて放射状に生えています。種類によっては葉っぱの縁がノコギリのようにギザギザになっているものもあるので育てて、触れる際には注意が必要です。

ユッカ_花

自生するものは乾燥地帯で標高の高いところで多く自生し、花は長い花茎を伸ばし、白い花を咲かせます。ユッカは自然に受粉することはなく、虫媒花といって昆虫を利用して受粉をします。特に、ユッカ蛾と呼ばれる蛾は、ユッカの花に産卵し、ユッカの種子しか食さず、ユッカと共に子孫を残していきます。

ユッカを日本に初めに輸入したのは愛知県の植物園だと言われており、長い間親しまれてきた人気の観葉植物です。数年前までは贈答用として新築や開店祝いのお祝いや贈り物のギフトとしても人気がありました。

ユッカ_ギフト

一般的に知られているユッカは「ユッカ・ギガンティア」という種類で、かつては「ユッカ・エレファンティペス」とも言われていたとか…。
今でも認知度が高いのはエレファンティペスの方で、像のように強く、太くなる幹が名前の由来になっているようです。

また、ユッカは17世紀頃に原産国から各地へ移植され、観賞用として多くの品種が開発されました。そのため、元からある耐暑性だけでなく、ある程度の耐寒性も兼ね備え、あまり水も必要としません。

お手入れや育て方も他の観葉植物に比べ簡単で、アメリカ西部ではガーデニング用や庭園植物として幅広く栽培されいます。

中には、州によって保護や採取の規制がかかっていることもあったり、ユッカを州花としているところもあります。原産地では古くから、種や花、茎や根などを食用や薬用に用いり、葉からとれる繊維は衣類や日用品として加工され使用されていました。

ユッカ_観葉植物

観葉植物のユッカは先ほども言った通り、大きく成長すると大木となり5~6mになることも。日本でも最近は庭に地植えしている方もいらっしゃいます。環境が合えば、日本でもそれなりに大きく伸び魅力的ですが、寒い地域での越冬はかなりのケアが必要となります。

鉢植であれば、冬の時期にはお部屋の温かい場所へ移動したりして管理します。
また、フェイクグリーンの人工樹木であれば難しいコツも不要で育成や管理を気にすることなく楽しめます。フェイクグリーンの無料カタログで様々な種類の観葉植物をご覧いただけますので参考にしてみてください。

ユッカ_フェイクグリーン

 

ユッカはフェイクグリーンの中でも人気の商品で、人工樹木として樹木プランター商品で取り扱われています。

根元のグリーンや土台のプランターを選ぶこともできるので空間に合わせてカスタマイズできます。ユッカの特徴でもある尖った葉先や、スタイリッシュな出で立ちがよく再現されていて、オフィスや事務所のスペースにおすすめの樹木プランターです。

写真の商品はこちら⇒GR5014 ユッカ H1550

ユッカを栽培する時のポイント

観葉植物のユッカは温暖な地域であれば屋外でも栽培可能です。暑さには強いのですが、基本的に日本の寒さには耐えるのが難しいため、越冬するには室内管理がマストになってきます。
ポイント

置き場所や日当たり

《屋外での場合》
ユッカは日光が大好きです。日陰などの耐陰性には弱いので、なるべく温かい地域で日当たりの良い場所で育てましょう。また、乾燥した地域で生息していたため、ジメジメとした日陰や湿気が多い場所は避け風通しの良い場所に置くことが最適です。

《室内での場合》
室内で育てる際にもなるべく日光浴が出来る場所に置きましょう。気温が高い場合には外に出して直射日光を当ててあげても大丈夫です。気温が低くなったら室内管理をし、暖かい場所で生育しましょう。ただし、エアコンの風が直接当たり過ぎると葉っぱに影響が出てくることもあるので気を付けましょう。

ユッカ_観葉植物

水やりや土について

ユッカの水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりと鉢底から水が流れるくらい水をあげましょう。気温が低くなる冬の時期には生長が止まる休眠期に入るので、水やりは控えて週に1回程度で構いません。

庭に地植えしている場合には、真夏日で暑い日が続いた日以外は水やりの必要はありません。冬場は断水気味に管理することが良しとされています。
また、葉水を定期的に行うことでハダニなどの害虫予防にもなるのでおすすめです。葉水をする時は葉の裏にも水を掛けてあげるといいでしょう。

ユッカに使用する土は基本的に観葉植物で使用する水捌けの良い土の種類が適しています。水捌けが悪いと根腐れの原因にもなるので気を付けてください。環境に合わせて自分で赤玉や鹿沼土をブレンドすることもオススメで、土の表面に化粧砂などを敷いてあげるとコバエの発生を防ぐこともできます。

ブレンド_土

比較的多くの観葉植物は肥料をあまり必要としません。ユッカも同様です。特に、休眠期となる冬場に肥料を与えてしまうと、肥料焼けをする可能性があるので、肥料を与える場合は生長期である春から秋に掛けて行うのが良しとされています。

ユッカは冒頭でもお話した通り、観葉植物の中でも育てやすく初心者の方でも始めやすい種類のものにはなりますが、生き物なので管理やメンテナンスは必須となります。忙しい方や、インテリアやコーディネートとして観葉植物を置きたい方にはフェイクグリーンが最適かもしれません。
フェイクグリーンであれば難しいコツやメンテナンスや管理も不要で、インテリアグリーンとして通年で楽しむことが可能です。

フェイクグリーンについて詳しく知りたい方は お気軽にお問い合わせください
フェイクグリーンについて詳しく知りたい方は お気軽にお問い合わせください
受付時間:09:00~17:30 (定休:土日祝)

ユッカの増やし方やお手入れ

お手入れ

ユッカを種から育てることは難しく手間も時間も掛かります
複数の薬品を使用したり、用土を熱湯消毒したりと、特殊なことが多く、管理も慎重にしなければなりません。しかし、最近はユッカのようなデザイン性のある観葉植物や、おしゃれな観葉植物が人気とあって愛好家が増え、種からの育成に挑戦する強者もいるようです。
そのため、通販サイトや園芸店・植物園などでも種を取り扱い、販売しているところもあるみたいです。
ユッカ関連の情報も増えてきています。

ユッカを育てたいと考えたらまずは、植木を購入することから始めます。選ぶときには幹がしっかりしているものや、葉にツヤがあり、元気なもの、虫が付いていないかを確認してから選びましょう。

ユッカ_観葉植物

ユッカは株分けや挿し木によって増やすことが可能です。
挿し木の場合、小枝を剪定し切り取り、赤玉土やミズゴケ、ピートモスなどに植えこみます。湿度が高く、常に湿っている土で行うと発根しやすいので梅雨時期なんかが適しているかもしれません。

株分けの際には、小さな株の付け根をスプーンなどを使用してえぐるように取り出します。その後は挿し木用の土に植え替え、明るく土を乾かさないように管理します。植え付けを行う時期はなるべく暖かい5月~9月がいいとされ、7月以降であれば猛暑を避けるようにすると上手くいきやすいみたいです。根がしっかりと張るまではこまめに水やりをし、土を湿らせる必要があります

ユッカ_観葉植物

 

ユッカは植替えをしないでいると、やがて根がパンパンになり、根詰まりを起こしてしまいます。環境にもよりますが、1年~2年に一度、一回り大きな鉢に植替えをしてあげましょう。植替えの時期も植え付け同様に暖かい時期が最適です。

夏の暑さには強いので特に気にすることはありませんが、冬の寒さには弱いので肌寒く感じるようになったら室内の温かい場所へ移動し、水やりも控え、越冬の準備を行いましょう、

ユッカの花を咲かせるには株の大きさにもより、開花条件は未だにハッキリとはわかっていません
寒暖差や株へのストレスなど環境によるものが関わっているのではないかと言われており、常に一定の温度で地植えされていたり、適度な余裕がある鉢植えの場合には花を咲かせる可能性があるかもしれません。

ユッカの育て方タイミングカレンダーはこちら

下記カレンダーのように、ユッカを上手に育てるには管理のタイミングがあります。植え付けや植え替え、肥料に関しても暖かい時期の生長期に行うのが適しています。寒くなってきたら室内の温かい場所に移動し、屋外で育てている場合は地域にもよりますが、必ず防寒対策を行いましょう。上手に育てば白く香りのある、キレイな花を咲かせるかもしれません。

ユッカの育て方タイミングカレンダー

このように、生きた観葉植物はユッカに限らずお世話や管理の他にもタイミングや時期も気にしなくてはなりません。しかし、人工観葉植物であれば、そういった時期や季節に合わせた置き場所なども一切気にせず通年で楽しむことができます。
これはフェイクグリーンの最大のメリットとも言えるでしょう。
フェイクグリーン関連の情報も最近では非常に多くなってきております。

この最大のメリットに気付いた企業や会社、事務所などの法人様は賢く空間デザインを考えているのかもしれません。枯れることもなく、管理をせずともキレイな状態であってくれる。そして、トータルで考えるとコスト削減にも繋がります。皆さんも是非、想像以上にメリットの多いフェイクグリーンで空間デザインを考えてみませんか?

ユッカの風水効果や花言葉についてのご紹介

ユッカは風水の中でも生命力が強い木として人気が高いアイテムで、尖った葉先が邪気を払い、その場のエネルギーを活性化してくれると金運アップ仕事運アップに繋がるようです。
青年の木とも言われるほどですから、力がみなぎり、新芽が芽吹くことで「成長・発展の樹」とも言われています。

ユッカの花言葉はいくつか存在し、尖った葉っぱを真っ直ぐに伸ばす様子が雄々しい青年の姿をイメージさせ、「勇壮・偉大」という花言葉があります。他にも、放射状の葉の間から長い茎を伸ばし、白く美しい花を咲かせ、風に揺れる姿にちなみ、「颯爽」という花言葉もあるようです。

ユッカ_観葉植物

サイズも豊富で、風水や花言葉の意味からも玄関やエントランス、リビングやトイレ、職場のオフィスや店舗ショップに置かれることも多く、引っ越し祝いや新店オープンのお祝いとして贈り物としても喜ばれます

最近では、贈呈品として相手への配慮も考え、枯れないフェイクグリーンをプレゼントとして検討される方も増えました。贈る相手にも手間を掛けさせず、観葉植物を育てるのが苦手な方でも親しみやすいので重宝されています。
ギフト関連の情報サイトにも豊富に様々な種類が掲載されていますのでぜひご参考にしてみて下さい。
大きさに関わらず様々なお届け方法もあるみたいです。
贈り物として人気がある商品は「樹木プランター」や「グリーンポット」「インテリアデコ」など、さまざまなタイプがあります。

観葉植物のユッカについて~まとめ~

観葉植物のユッカは比較的育てやすい植物です。温暖な地域が原産ということもあり、太陽の光を好みます
ユッカは一括りにすると品種も複数あり、理想のものや形を見付ける楽しさや、コレクターのように収集する楽しさもあります。花屋さんや植物園、ホームセンターに通販など色んな所で、様々なタイプのものを入手することができ、その見た目から男性の方にも人気がある観葉植物です。

特に大きい植木鉢が好まれますが、大きくなればその分、持ち運びに苦労するのも正直なところです。現在は、インテリアグリーンとしても観葉植物の中でランキングトップ上位に入り、広く需要があります。おしゃれな方やインテリアにこだわりを持っている方、カッコイイ雰囲気が好きな方によくチェックされており選ばれていて、シンプル・スタイリッシュ・カジュアルなどのワードによく似合います。

フェイクグリーン_ユッカ

ただし、観葉植物として生き生きと丈夫に育てるには日光浴と水やりが重要です。ちょっと管理や手間が惜しいと思う方には、好評のフェイクグリーンが良いでしょう

樹木プランター商品の中でもおすすめの樹種としてご用意しております。
写真の商品はこちら⇒GR5014 ユッカ H1550

フェイクグリーンはオフィスや施設、医療機関など育成を目的とせずインテリアアイテムとして観葉植物を取り入れたいという企業や会社での利用が多いです。

リアルな観葉植物のように手間や管理の必要がなく楽しめるので、まさにオフィスや商業施設には最適なアイテムと言えるでしょう。
プランターのように単体で使う場合もあれば連接樹木と言って複数の樹木を組み合わせて配置するアイテムもありますし、ユッカ以外の樹木で、パーテーションを組み合わせた樹木パーテーションも使い勝手が良く、仕切りやちょっとした目隠しなどに対応できます。
どちらにしてもフェイクなので軽量なため、移動も簡単に行えますし、土などを使用しないのでとても衛生的で腐食などの心配もなく安心です。

是非、オフィスインテリアや空間デザインでユッカのような樹木をお考えの方はフェイクグリーンも併せて検討してみてはいかがでしょうか?手間や管理が不要で、常にキレイな状態を楽しめるフェイクグリーンの観葉植物はインテリアアイテムとしては最適です。

ユッカの他にも豊富な種類があり、幅広いアレンジができます。まずは無料カタログ施工事例をご覧になって参考にしてみてください。また、空間に合わせてのご提案も行っていますのでお気軽にご相談ください。

配送や送料など各種サービスに関するご質問等がある場合にもお問い合わせいただければと思います。

無料カタログ請求やお問合せについてはこちら

オススメのフェイクグリーン商品はこちら

最終更新日: